Fablic, inc.

FABLICER

「素晴らしいサービスを作ること」に中毒的でありたい。

Fabulous(とてもすばらしい;驚くべき) と Holic (…中毒者)。

”Fablic”という社名は、この二語を組み合わせた造語です。
「素晴らしいサービスを作ること」の中毒者集団でありたい。
「素晴らしく、中毒性の高いサービス」を創り続けたい。

そんな想いを込めて社名をつけ、その想いに賛同した仲間が集まっているチームです。

OUR STYLE

ユーザーと共につくる。

Fablicのカスタマーサポートチームはフリルのヘビーユーザー。
ユーザーの隣でサービスを作っているので、ユーザー視点を忘れずにサービスづくりができます。

フリルのリリース前から、100人以上にユーザーインタビューを実施し、その文化は現在も根付いています。「ユーザーと共にサービスをつくる」のがフリルのサービスづくりの最も重要な点です。

TEAM

各部門のスペシャリストがあつまるチーム。

各専門分野のスペシャリストがあつまって、ユーザーファーストなサービス開発をしています。


専門分野の職務だけでなく、企画・立案も、職種関係なく誰もが提案、実践できる環境です。
開発はスクラムを取り入れており、不要なMTG等は一切ありません。
サービス開発・企画に専念できる環境で、思う存分あなたの力を試してみませんか?

WORK STYLE

開発は品質重視。情報はオープンに。

ユーザーフレンドリーなアプリ、洗練されたUI、安定して動くインフラ。

それらの実現について試行錯誤を繰り返しながら、品質の高いコードを追求し、

ユーザーに愛されるプロダクトを作っています。

また、Qiita Team や Slack を使って、社内の知見・考え・思いを共有しています。
スタンダップテーブルやカフェスペースもあり、議論や共有が行いやすい雰囲気も特徴です。
職種関係なく、話し合いは可能な限りオープンな場でおこなうのがFablicのやり方です。

JOIN US!

ユーザーと一緒にサービスをつくりませんか?

私たちは、「本当に必要とされるものをつくる」 というビジョンの下にサービス開発を行っています。
そのために、開発体制や使っているツールなど、何度も議論、試行錯誤し、よりよいものを採用してきました。



その中でも、ユーザーと一緒にサービスをつくる文化、「ユーザーファースト」の精神は最も大事なものです。

そんな風土や思想に共感する仲間を私たちは探しています。
是非 Fablic で一緒にサービスをつくりませんか?