Fablic, inc.

PRESS RELEASE

オンライン決済サービス「Paidy」の導入について

フリマアプリ「フリル(FRIL)」がオンライン決済サービス「Paidy」を採用 〜C2C(消費者-消費者間取引)事業提供者では初導入〜

 

株式会社Fablic(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:堀井翔太、以下、Fablic)が運営するフリマアプリ「フリル(FRIL)」は、株式会社エクスチェンジコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役:ラッセル・カマー)が運営する、オンライン決済サービス「Paidy(ペイディー)」を決済手段として本日から導入しました。なお、C2C(消費者-消費者間取引)事業を展開する企業の中では、初めての「Paidy」採用となります。

「Paidy」は、オンラインショッピング時にメールアドレスと携帯電話番号を使用してリアルタイムで決済を行うことのできるサービスです。クレジットカード情報などの事前登録は必要なく、本人確認はSMS(ショートメール)もしくは自動音声で案内する認証コードによって瞬時に行われるため、ユーザーが「買いたい」と思ったその時に、簡単にお買い物をすることができます。「Paidy」で決済した料金は、まとめて翌月にコンビニエンスストアや金融機関でお支払いいただけます。

「フリル」はスマートフォンのカメラで商品を撮影するだけで簡単に出品することができる日本初のフリマアプリです(iPhone/iPad/Android対応)。洋服やハンドメイドアクセサリーなどのファッショングッズから、主婦に人気のキッズ用品まで幅広く出品・購入されています。

フリルのユーザーの多くは10代後半から30代前半の女性で、そのボリュームゾーンは20代となっています。Fablicは、「Paidy」利用者の多くが20代〜30代半ばの女性であることから、「フリル」と「Paidy」の親和性が高いと考え、今回の導入を決定いたしました。

■ エクスチェンジコーポレーションについて

株式会社エクスチェンジコーポレーションは、より良いファイナンシャル・サービスを実現することを目的に2008年に設立されました。国内1億人以上のお客様が利用可能なリアルタイムオンライン決済サービス「Paidy」 をメインサービスとして提供しています。
所在地:東京都港区六本木3-16-26 ハリファックスビル5F
代表取締役:ラッセル・カマー
設立:2008年3月
URL:https://paidy.com

■ Paidyについて

「Paidy」は国内1億人以上が利用可能なオンライン決済サービスです。クレジットカードも事前登録も必要とせず、メールアドレスと携帯電話番号だけで、リアルタイムで決済を行うことができます。
メールアドレスと携帯電話番号を入力後、SMS で送られる認証コードで本人確認が行われるため不正利用の心配もありません。利用者は、当月の利用総額を翌月 10 日までにコンビニや銀行でお支払いいただけます。加盟店へのお支払いは株式会社エクスチェンジコーポレーションが保証いたします。誰でもすぐに決済ができるため、加盟店のコンバージョン率向上と、顧客単価アップが見込めます。簡単かつ安全にご利用いただけるため、新規顧客の獲得やリピート率の向上などの効果が期待できます。

■ Fablicについて

会社名:株式会社Fablic
代表者:代表取締役CEO 堀井翔太
URL:https://fablic.co.jp/company
資本金:5億1847万5千円
事業内容:フリマアプリ「フリル(FRIL)」の企画・開発・運営
本社:〒150-0012東京都渋谷区広尾1丁目13-1フジキカイ広尾ビル3F

■ フリル(FRIL)について

「フリル(FRIL)」は2012年7月よりスタートした、日本初のフリマアプリです。スマートフォン上で、不要なものや売りたいものを僅か3分で手軽に出品することができるほか、探していたブランド物や商品を格安で購入することもできるサービスです。利用者の口コミにより広まり、現在ダウンロード数は550万を超えています。
URL:https://fril.jp/

■ エクスチェンジコーポレーションおよびPaidyに関するお問い合わせ先

株式会社エクスチェンジコーポレーション 担当 菅原
TEL:03-5545-5975
E-mail:pr@paidy.com

■ Fablicおよびフリルに関するお問い合わせ先

株式会社Fablic 広報 永里
TEL:03-6459-3126
FAX:03-6459-3127
E-mail:pr@fablic.co.jp

Paidyのご利用方法

paidyのご利用方法

・PDF:◎1020Fablic_Paidy採用について